不動産の取引 | 住宅について知って、大事な資産を上手に運用する

住宅について知って、大事な資産を上手に運用する

不動産の取引

不動産は相対取引が基本です

本業の稼ぎとは別に副収入を作っておきたいと考える人は少なからずいます。株式投資や外貨投資で安定した収益を確保しようと資産運用を始めますが、これらの投資商品は、日々、価格が変動しているものであり、日中に本業を疎かにしてしまいかねない可能性もあります。そのため、資産運用もしくは本業がうまくいかないという状況になるケースもあります。このような状況を避けようとするのであれば、中古マンションなどの収益物件で不動産投資をすることをお勧めします。中古マンションなどの実物不動産は相対取引が基本です。そのため、基本的には流通価格が定められているわけではありません。保有している間は自分が売却希望価格を提示しない限り、その保有物件の価格はブラックボックスなのです。

嗜好に合わせて投資方法を変えよう

金融機関などの機関投資家はこの点にメリットを感じて、実物不動産への投資を積極化しています。仮に含み損を抱えていたとしても、その額がわずかであれば、取引価格で認識しておけます。また、含み損を抱えていても家賃収入がしっかりと継続的に入金されているのであれば、価格の下落を気にするようなことはありません。家賃収入を受け取り続けながら、価格が上がってくることを待てばよいのです。一方、継続的に売買をしてキャピタルゲインを得たいと考えているのであれば、中古マンションでの不動産投資よりも上場不動産投資信託など、価格がガラス張りになっている投資商品を選ぶとよいです。上場不動産投資信託を通じて中古マンションにも投資をすることができるので、自分の嗜好に合わせて使い分けるようにしましょう。