住宅について知って、大事な資産を上手に運用する

注文住宅を頼む際に

住宅を建築する時期とは

注文住宅の建築の場合いつ建築するかというのも完成する住宅の品質を大きく左右する一つです。特に会社の規模が大きくなればなるほどこの時期が重要になってくるのです。ですからハウスメーカーで注文住宅を建築することを検討している人にとってはこれも重要な項目といえます。 建築会社も一企業なので当然より多くの利益を出さなければなりません。株式会社の場合、必ず決算期が存在します。多くの企業では3月末決算が多いですがこれは会社によって異なリます。この決算に向けてできるだけ多くの注文住宅を販売したいと考えます。そうすると4月の上旬に引き渡しを予定している物件は少し工期を縮めてでも3月末までに引き渡し売り上げとして上げたいと考えるのです。ですから3月末に引き渡しを行うための物件の数が増えこの時期に建築した物件に関してはとにかくスピードが重視される傾向にあり注意が必要です。

いつ着工させるべきなのか

ローンを組んで住宅を購入している施主にとっては少しでも工期が短くなることでつなぎ融資の手数料が少なくて済む、早期に引っ越しをすることで現在住んでいる住宅の家賃の支払いを早期に終了することができるなどのメリットもあります。しかし会社の決算時期は通常よりも稼働件数が多いことから現場を監理する人一人が受け持つ現場の数が多くなる傾向にあります。多くなるとその分一軒一軒を管理する時間が短くなり、トラブルや不具合が起きやすくなります。注文住宅の建築において土台のあるハウスメーカーとはいえまったく同じ住宅というのは二度とありません。ですからまったくトラブルや確認点の発生しない現場というのはないと断言できます。その中で監督が細かな部分まで配慮することでこうしたトラブルを事前に防ぐことができるのです。 ですから特に時期にこだわりがない場合には決算を過ぎてから工事を着工することでより多くの時間を自分の家の管理に割いてもらえるのです。